Bass

Bassを学ぶ

Bassを学ぶ~14『読譜入門~リズムを捉える』

五線譜に書かれたおたまじゃくしをすらすら読めるようになるには、それなりに経験や練習が必要になるもの。 でも、【リズムを分析⇒音程を読み取る】というステップを踏めば少しは楽になる・・・と思います。 コード進行がわかればなお楽になるんですが...
Bassを学ぶ

Bassを学ぶ~13『読譜入門~休符』

前回は音符だったので、今回は休符についてです。 「リズムを読み取る方法」をやるつもりだったんですが、休符について先に書かないといけませんね汗
Bassを学ぶ

Bassを学ぶ~12『読譜入門~音符』

オーケストラ譜だろうが、バンド譜だろうが、弾き語り譜だろうが、基本は同じです。 CDE~(ドレミ~)を、いわゆるおたまじゃくしで記しているだけの話。 基本ルールさえ覚えれば、よほど難解な楽譜じゃない限り時間をかければ読めるようになります...
Bassを学ぶ

Bassを学ぶ~11『読譜入門~読譜力必要論』

おたまじゃくしは学校でだけ、というプレイヤーは多いと思います。 僕もそうでしたけどね、譜面をある程度でも扱えるようになるといろいろと楽が出来るんです笑
Bassを学ぶ

Bassを学ぶ~10『チューニング』

Bassを弾くときに最初にするのがチューニングです。 普通は耳がいい人は自分の耳でチューニングしちゃいますが、普通はチューナーとかを使います。
Bassを学ぶ

Bassを学ぶ~09『CDEFGAB』

ただ適当に弾いてるだけでもBassは楽しいですが、やっぱり弾いてみたい曲とかありますよね。 あるいは、既にバンドを組んでいて演る曲が決まってる場合もあるかもですね。 いずれにせよ、曲を弾くときに覚えておいて損がないのが【CDEFGAB...
Bassを学ぶ

Bassを学ぶ~07『20?21?22?24?』

Bassのネックには安定した音を出すために【フレット】という金属の棒が埋め込まれています。 このフレットの数はBassによって違うんです。 フレットが多い方が高い音が出るようになるので音域が広がるというメリットがあります。 しかし、同...
Bassを学ぶ

Bassを学ぶ~06『4?5?6?』

Bassには弦が張ってあります。 今回は、その弦の数の話。 基本というかオリジナルは4弦ですが、5弦・6弦などの多弦や、1オクターブ高い弦を張った副弦モデルというのも存在します。 それぞれの特性を知っておくと、自分がBassを購入すると...
Bassを学ぶ

Bassを学ぶ~05『アン直』

ふた昔前とは違い、Bass用のエフェクターがたくさん発売されてます。 いろんな音を出せるのは楽しいですよね。 でも、大切なことを忘れずにいて欲しいんです。 プレイヤーとして重要視されるのは【アン直でいい音が出せるかどうか】です。
Bassを学ぶ

Bassを学ぶ~04『持つ位置』

Bassは、ライブでは基本的に立って弾くことが多い楽器です。 Recでは座って弾くこともありますが。 あと、家での練習のときは座って弾く人が多いのではないかと。 さて、そのときに気をつけなきゃいけないのが持つ位置です。
タイトルとURLをコピーしました