Webを創る Page.05『WordPress』

Webを創る


Webサイトを公開するにはサーバーを借りる必要があります。
(自分でサーバーを作る人もいますが、それは置いときます。)
サーバーを借りて、そこのスペースを使ってWebサイトを公開(情報を発信)するわけです。
で、サーバーを選ばなきゃいけないんですが、当サイトではWordpress(ワードプレス)が使えるサーバーをおススメします。
色々と楽ですし、ここから先はWordpressを使ってWebサイトを作るので。。。

WordPress

WordPressとはなんぞや?という話ですね。
端的に説明するなら“ブログとWebサイト(ホームページ)のいいとこ取りをしたような制作環境”と言えます。
(ブログ、Webサイトの違いはWebを創る Page.01『Webを知る』をご覧ください。)

ブログとWebサイトの長所

ブログの長所といえばhtmlやCSSなどWebサイトを作るときに必要とされる言語の知識がほとんどいらないところです。
Wordのようなワープロソフトを使える程度の知識があれば情報を発信出来ます。
また、専用ソフトなどが不要で、インターネット環境さえあれば十分です。しかし、独自ドメインが設定出来なかったり、日付順でしかページを管理出来なかったりなどの短所もあります。

対してWebサイト(ホームページ)の長所と言えばページを細かく管理出来たり、独自ドメインが設定出来ることです。
が、htmlやCSSなどの言語の知識や専用ソフトが必要などの面倒な部分もあります。

ではWordpressは。

WordPressの長所・短所

WordPressは

  • htmlやCSSなどの言語の知識は基本的にいらない
  • 専用ソフトが不要
  • 独自ドメインが設定できる
  • ページを細かく管理できる

という長所が挙げられます。
(ね?いいとこ取りでしょ?)
さらに、これに加えて

  • デザイン性が高いテーマ(デザインテンプレート)が豊富
  • htmlやCSSがわからなくてもプラグインを使えばカスタマイズ可能
  • htmlやCSS、PHPが使えるならもっとカスタマイズ可能
  • 基本的に無料
  • 更新が楽
  • SEO(検索エンジン対策)効果が高い

という長所があります。

こう書くといいことばかりに見えますが、短所も実はあります。

  • サーバーによってはWordpressを使えない
  • サーバーによってはWordpressの導入が面倒
  • 高機能過ぎて完全に使いこなすのはちょっと大変

以上が短所です。

ですが、短所を補ってあまりあるほどの長所を持っていると思います。
というわけで、ここからはWordpressを使ってWebサイトを作っていきます。

‡ポイント‡
Webサイトを作るにはWordpressがおススメ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました