Bass全体図

Bassを学ぶ~05『アン直』

ふた昔前とは違い、Bass用のエフェクターがたくさん発売されてます。
いろんな音を出せるのは楽しいですよね。
でも、大切なことを忘れずにいて欲しいんです。
プレイヤーとして重要視されるのは【アン直でいい音が出せるかどうか】です。
[…]

Bassを学ぶ~04『持つ位置』

Bassは、ライブでは基本的に立って弾くことが多い楽器です。
Recでは座って弾くこともありますが。
あと、家での練習のときは座って弾く人が多いのではないかと。

さて、そのときに気をつけなきゃいけないのが持つ位置です。 […]

用語を学ぶ-Act.15『TAB譜』


バンド譜において、GtやBa独自の譜面とも言えるのが“TAB譜”です。
GtやBaに限らず、Gtのような形態(ネックがついてて、弦が複数本ある楽器)であればTAB譜は作れます。
TAB譜に慣れると、いろいろ便利なこともあるんで必要な人は覚えてください。
まあ、便利なだけじゃなくてデメリットもあるんですが。。。 […]

練習する Lesson.9『リハーサルスタジオ』

YourTuneWorks【Studio】
バンドにしろ、ユニットにしろ、あるいはソロにしろ、自宅で音出しが出来る人ってのは限られますよね。
特に都市住まいだと難しい問題です。
ヘッドフォンを使ったり、夜間は音出しを控えたり・・・。
でも、やっぱり大きい音を出さないとわからないところがあるのが音楽です。
そんなときはリハーサルスタジオを利用しましょう。 […]

用語を学ぶ-Act.13『リズム感』

アマゾンへ


ありがたいことに、このブログも少しくらいは誰かのお役に立ててるようです。
アクセス解析を見ると、いろんな検索語句でこのブログにたどり着いていただいております。
で、その検索語句のBest3に必ず入ってくるのが『タイム感』。
このエントリーはその『タイム感』への補足も込めて書こうかと。 […]

練習する Lesson.8『リズム~アクセント』

アマゾンへ


普段はあまり意識はせずとも、話しをするときはやはり多少のアクセントをつけているはず。
言い方を変えるなら”イントネーション”でしょうか。
方言もその1つですかね。
京都弁の『おおきに』とか博多弁の『好いとうと』とかは全国に知れ渡った方言ですよね。
話しがずれましたが、しゃべり言葉にアクセントがあるように、音(フレーズ)にもアクセントをつけようという話です。 […]

練習する Lesson.7『リズム~n連符対策』

アマゾンへ


1拍、つまり4分音符1つの長さを3等分したり5等分したりする音符があります。
あるいは2拍、つまり2分音符を3等分とか。
このように、X拍をn等分する音符を”X拍n連”と言います。
たとえば1拍6連とか、2拍3連とか。
慣れないうちはこれがなかなかのクセモノなわけで。。。 […]

練習する Lesson.6『リズム~刻む』

アマゾンへ

表と裏を理解した、あるいはクリックの裏を確実に取れるようになったからと言って、練習が終わるわけではありません。
1歩進んだらまた次の1歩を進まなきゃいけないんです(僕自身への戒めも含む)。
前エントリーの『表と裏』では8分音符が主でした。
しかし、実際の曲では最初から最後まで8分音符が続くなんてことはとっても少ないわけで。。。 […]