DL.File09『レコーディングシート改訂版』

DL.File09『レコーディングシート改訂版』

DL.File09『レコーディングシート改訂版』

3年以上前にRec用の作業シートをアップしました。
DL.File01『レコーディングシート』
(一度トラブルがあったのでブログの公開日は2013年12月になってますが、記憶が確かなら2012年の10月頃だった気が)
これを作ったときはMTRでのRecだったんですが、現在はPCでのRecになってまして。
で、作り直しました。

サウンドハウス […]

DL.File01『レコーディングシート』

TrackSheet by Y-T-W

クリックで拡大

Bassistとしてではなく、DemoやプリプロをRecするエンジニア的存在としてRec作業に参加することがありまして。
そういうときに使っています。
PCでRecするときにはPC上でいろんな作業が出来るので不要と言えば不要ですが、MTRでRecするときにはこういうのが無いと不便なので。 […]

用語を学ぶ-Act11『Track』

Trackと言えばCD。

Track(トラック)っていくつか意味があるんです。
状況によって使い分けるので、間違った伝わり方をすることはあまりありませんが、意味を知らないと『?』となってしまうかも。 […]

Demo音源を創る第11回~マスタリング

DAWで見た音の波形

DAWで見た音の波形

本来は複数の曲のバランスを取ったり曲間を決めたりする作業を言うらしいんですが、曲に対する最終処理という意味でも使われている“マスタリング”。
いずれにせよ、ミックスダウンの後には音圧や音量などの最終処理をします。
[…]

Demo音源を創る第10回~ミックス

Mixdown

クリックで拡大します。

ミックスとはマルチトラックでRecされた音源のバランスを取る作業のこと。
音量調節、パン設定、各トラックにエフェクト・・・などやる作業は少なくない。
ゆえに、なかなか難しい作業。
(ミックスの定義はRecの基本用語で。)

[…]

Demo音源を創る第9回~Recしてみよう

なんだかんだ書いたところで、実際にRecしてみなけりゃわからないですよね。
ICレコーダーやスタジオマイクでの一発録りはRecボタンを押せばOKですが、
MTRやDAWでRecする場合はちょっと違います。

機種やソフトによって操作方法は変わりますが、基本手順はほぼ一緒(のはず)です。
ここではベースを接続するときを例にします。
マイクをつなぐときは文中の“音”を“声”と読み替えてください。 […]

Demo音源を創る第8回~DAW導入

「DAWって?」という方は「機材入門第2回~DAW」を読んでいただくといいと思います。

DAWを使う理由

MTRだけで“Rec&Mix”は出来ますし、機種によってはCDも焼けます。
ではなぜDAWを使うのかというと、それは一言“視認性”に尽きます。

もちろん人それぞれなんで「PCはどうも苦手・・・」という人もいますが。
でも、大きな画面で“エフェクト”“パンの定位”“編集中のトラック”などを一目で理解できるのはすご~く楽です。 […]

Demo音源を創る第7回~Recの段取り

一発録りの段取り

ICレコーダーやスタジオマイクを使用しての一発録りの段取りは難しいものではありません。

  1. Rec場所を確保する
  2. 行って、演奏する

Recはこれで終わりです。
マスタリング等の作業は残ってますが、Rec自体はこれで終わりです。 […]

Demo音源を創る第6回~セルフRecの意味

プロに頼む?自分で録る?

ここまで「Demo音源を創る」というタイトルで5つのエントリーを書きましたが、
実際のところは“いくら読んでもやってみなけりゃわからない”と思います。

「知ってる」のと「わかってる」のと「出来る」のとでは大きな差があります。

「でも、Rec専門スタジオでRecするし、RecスタジオならプロのエンジニアさんがいるからMixとかも頼めるし・・・」
と思っているそこのあなた。 […]