2012年5月15日

観る

ライブを観る。

あまり「ライブを聴く」とは言わないし聞かない。
やはり「ライブを観る」がしっくり来る。

音楽をカテゴライズするのは好きではないが
好まない音楽スタイルが存在するのも確かな話。
しかし食わず嫌いはもったいない。

パッと見、好きになれそうではないバンドだったのに
ライブが終わるころには楽しみまくっている自分に気がつく・・・
なんてことは少なくない。

その音が自分にとって気持ちいいものであれば素直に楽しんで欲しい。

周りの目を気にするのは悪いことではないけど
周りが楽しまないからといって、自分まで楽しまないのはもったいない。
自分の感性を信じていいはず。

さて。偉そうな話はここまでにして、と。

もっと観て欲しい。

“Liveを観に行ったことがない”とか、
“観に行ったことはあるけど楽しみ方がよくわからない”とか
“Liveに関していまさら人に聞けない質問がある”
なんていう方々に読んで欲しいのがこの“観る。”というコンテンツ。

筆者も、初めてLiveを観に行ったときは
Liveへの期待と、勝手がわからない不安でドキドキしたもんです。
でも、出来ることなら不安は持たずに期待だけの方が楽しいはず。

その“楽しみ”の一助になるのが“観る。”の目的であり目標です。

>>Liveを楽しむ第1回~Live?
>>DVDを楽しむ~1枚目『トム・ダウド いとしのレイラをミックスした男』

ライブは“観て”“聴いて”“感じて”“楽しむ”もの。
でも一般的には「ライブを観る。」と言う。

[`google_buzz` not found]
Pocket