用語を学ぶ-Act3『MIDI』

Roland MIDI音源 SC-88stPro

Roland MIDI音源 SC-88stPro

打ち込みに限らず、DAW等を使っての曲作りを始めるとどこかで出会うのが“MIDI”。
MIDIを使わずに生楽器だけでももちろん曲作りは出来るけどMIDIも使えたら素晴らしい武器になるのも事実。

使う・使わないは後から決めるとして、とりあえずMIDIのことをちょっと知ってみましょう。

MIDI

MIDI(みでぃ)とはMusical Instrument Digital Interfaceの略。
キーボードとかシンセサイザーとかシーケンサーなどの電子楽器を接続するための規格です。

A社製のシンセサイザーとB社製のキーボードを接続して使おうとすると、うまくいかないことが多かったそうで。
そこで“電子楽器同士の接続を容易にするための規格を設定しましょう”という話が出始めます。
いろんな試行錯誤があったんでしょうが、日本から始まったこの話は海外メーカーとも協議されて結果的に統一規格が誕生します。
それが“MIDI”です。

功績

MIDIにさえ対応していれば電子楽器同士の接続が容易になります。
DAWが一般化する以前はシンセサイザーやシーケンサーが一般人の手に入るDTM環境でしたから、MIDIは重宝されることになるわけです。

A社製のシーケンサーとB社製のMIDI音源をつなぎ、C社製のキーボードで打ち込みをする。
こんなことも可能なわけですから、MIDIとは便利なものです。
コンシューマー用DAWの黎明期でも、PC+MIDI音源というのが一般的でしたし。

現在

PCが高機能・高性能になりつつ価格が下がり、さらにDAWソフトが安価になった現在もMIDIは元気です。
DAW内にMIDIが組み込まれ、打ち込み機能において活躍中です。
しかし、誕生当初とはちょっと扱いが変わってきたのも事実です。

接続のための規格として生まれたMIDIですが、現在は“MIDI=打ち込み”という認識が少なからず存在します。
『このドラム、生?』『ううん、MIDI』と言ったような会話も成立するくらいですから。
本来の意味だとかみ合わない会話なんですがね。。。

“接続規格”というMIDIの本来の仕事もだいぶUSBに取って代わられた気がします。
キーボードやDAWコントローラーなんかもUSBを介してDAWと接続され、DAW内のMIDIデータを扱うことが多いです。
まあ、MIDIとPCの接続にはMIDIインターフェイスが必要になりますからね。
PC本体に搭載されているUSBで接続できれば、それに越したことはないですよね。

MIDIとは電子楽器を接続するための統一規格。
だが、現在は打ち込みと同じ意味に使われることも多々ある。

[`google_buzz` not found]
Pocket

コメントはお気軽に