PCを護る~Lock.3『PC内を綺麗にする』

Glary Utilities

そろそろ大掃除の季節ですね。
部屋をキレイにするついでにPC内もキレイにしませんか?
PC内と言っても、ねじ回しが必要になるわけじゃありません。
いわゆるハードディスクとかメモリとか、そういう話です。
あ、PCが苦手な人でも大丈夫ですよ。
ソフトをインストールしてクリックするだけですから。

Glary Utilities

PC内のゴミ(物理的なゴミではなく、不要なデータなどのこと)をキレイにするクリーナー系のソフトで有名なのはいくつかあります。
CCleanerとかは特に有名ですね。
でも、僕個人的にはGlary Utilities(ぐらりーゆーてぃりてぃーず)の方が使いやすいので、こちらを紹介します。
手順的には

  1. ダウンロード
  2. インストール
  3. ワンクリック

で、かなりのゴミが処理されます。

ダウンロード

まずはダウンロードしてソフトを入手しましょう。
Glaryssoftにアクセスして、ダウンロードすればOKです。
このエントリーを書いているときのバージョンは「4」ですね。
もし“英語のサイトは不安”って方はVector窓の杜でのダウンロードをおススメします。

有料のPro版と無料のFree版がありますが、無料でも十分の高機能なのでFree版をダウンロードしましょう。
Pro版はさらに高機能ですので、Free版を使って気に入ったらUpGradeするってのもひとつの手ですね。

Glarysoft公式サイトキャプチャ

インストール

ダウンロードしたファイル(gu4setup.exe的な名前)をダブルクリックすればインストールが始まります。

インストール開始

インストール中

インストール中

インストール中

インストール完了

ワンクリック

細かい設定をしたうえで使うことも出来るんですが、よくわからない人にはよくわからないですよね。
そんな方のためにおススメなのがワンクリック。
このワンクリックだけで面倒な設定をせずに、PC内のゴミを十分キレイにしてくれます。
1つだけ気を付けなきゃいけないのは”利用痕跡の消去”のチェックを外すこと。
この項目は文字通り利用痕跡を消してしまうので、FacebookとかTwitterとかのアカウント名やパスワードなんかも消えちゃいます。
また入れなおせばいいだけなんですが、消去した後に『あれ?このサイトのパスワードなんだっけ??』とはならないようにお気を付けあそばせ。

アップグレード確認画面

メイン画面

ワンクリック画面

文字化けしてたら

Glary Utilitiesはインストール時に言語を選ぶ画面がありません。
基本的に使ってるPCの言語を自動選択してくれるんですが、たまに上手く選択してくれずに文字化けが起こる場合があります。
そんなときの対処方法を置いておきますので、文字化けしたときに活用していただければ。

文字化け例

設定画面へ

言語選択

日本語選択

怪しいソフト

Webを見てるときに『あなたのPCはパフォーマンスが低下しています』とメッセージが表示され、心配になってそのメッセージをクリックするとクリーナーソフト(を騙る)サイトに誘導されます。
“無料で試せる”という試用版をダウンロードして使ってみると、PCパフォーマンスが低下する原因とされるファイルが大量に表示されます。
そこで[クリーンにする]というボタンをクリックしてみると『試用版では処理しきれない数です。有料版を購入してください』というメッセージとともにサイトへのリンクが表示されます。

でもね、このクリーンソフト、真っ赤な偽物というか、はっきり言って詐欺です。
サイトには“○○賞受賞”など、安心させるようなコメントがあふれてますが信じちゃダメですよ。

PCパフォーマンス低下の原因とされるファイルの表示は、不安感をあおるため。
不安感をさんざんあおり、有料版を買わせるのが目的です。

さらに。
有料版がすばらしいソフトならばまだしも、実は使い物にならない(PC内をクリーンにしてくれない)という報告があります。
うっかりこの手のサイトへ誘導されてもダウンロード&インストールなどしないように。
このソフトそのものがPC内のゴミになりますから。

‡ポイント‡
普段やってない人ほど効果あり。
PCが軽く・速くなる可能性もありあり。

[`google_buzz` not found]
Pocket

コメントはお気軽に