Live9のエフェクトを遊ぶ。24『Gagalon』


いじり方によってはフェイザーやフランジャーみたいな効果も得られます。
が、やっぱりコーラスならではの厚みが重宝されるので、似て非なるものですかね。

サウンドハウス

Gagalon

公式マニュアル

https://www.ableton.com/ja/manual/live-audio-effect-reference/#chorus

居場所

Audio Effects⇒Chorus⇒Gagalon

意味

Chorus:合唱 エフェクトでは【音が重なっているように聴こえる】などの効果を得られます

Gagalon:意味を調べたんですがわかりませんでした(・_・;) 人名のような、ポルトガル語のような???

重要なつまみ

【Live9のエフェクトを遊ぶ】ではおなじみとなった黒窓。
つまり【X-Yコントローラー】ですね。
これがあるときは、これをいじっちゃいます。
このエフェクトでの黒窓は

  • Amount(アマウント)
  • Rate(レート)

を動かします。

遊んでみよう

Bi-Polarでビートを作って、BassをRecしました。
GagalonはBassトラックに挿し込み。

Live9のエフェクトを遊ぶ。24『Gagalon』

On/Off

01~がOff、02~がGagalonをOnにした音。
厚みがマシマシになりますね。

X-Yコントローラー

次はX-Yコントローラーをグリグリと。
これだけいじると、だいぶ飛び道具よりのエフェクト音になります。

コーラスの【厚み】はいいよね〜。 Chorus has a thikness. It’s the character of chorus. #Live9 #ableton #Bass

akimさん(@akim.is.bassist)が投稿した動画 –

使いどころ

【厚み】がコーラス系のエフェクトの強みです。
和音よりも単音にかけて厚みを出すのが常道かと。
もちろん、和音にかけてもOKですよ。

‡ポイント‡
厚みは強み。
それがコーラスのコーラスたる所以かと。




[`google_buzz` not found]
Pocket

コメントはお気軽に