練習する Lesson.9『リハーサルスタジオ』

YourTuneWorks【Studio】
バンドにしろ、ユニットにしろ、あるいはソロにしろ、自宅で音出しが出来る人ってのは限られますよね。
特に都市住まいだと難しい問題です。
ヘッドフォンを使ったり、夜間は音出しを控えたり・・・。
でも、やっぱり大きい音を出さないとわからないところがあるのが音楽です。
そんなときはリハーサルスタジオを利用しましょう。 […]

練習する Lesson.8『リズム~アクセント』

アマゾンへ


普段はあまり意識はせずとも、話しをするときはやはり多少のアクセントをつけているはず。
言い方を変えるなら”イントネーション”でしょうか。
方言もその1つですかね。
京都弁の『おおきに』とか博多弁の『好いとうと』とかは全国に知れ渡った方言ですよね。
話しがずれましたが、しゃべり言葉にアクセントがあるように、音(フレーズ)にもアクセントをつけようという話です。 […]

練習する Lesson.7『リズム~n連符対策』

アマゾンへ


1拍、つまり4分音符1つの長さを3等分したり5等分したりする音符があります。
あるいは2拍、つまり2分音符を3等分とか。
このように、X拍をn等分する音符を”X拍n連”と言います。
たとえば1拍6連とか、2拍3連とか。
慣れないうちはこれがなかなかのクセモノなわけで。。。 […]

練習する Lesson.6『リズム~刻む』

アマゾンへ

表と裏を理解した、あるいはクリックの裏を確実に取れるようになったからと言って、練習が終わるわけではありません。
1歩進んだらまた次の1歩を進まなきゃいけないんです(僕自身への戒めも含む)。
前エントリーの『表と裏』では8分音符が主でした。
しかし、実際の曲では最初から最後まで8分音符が続くなんてことはとっても少ないわけで。。。 […]

練習する Lesson.4『音符』

アマゾンへ

『譜面を読めなくても音出せばわかるし、細かいとこは感性で。』っていうのも、もちろんわかります。
実際、一流と呼ばれるミュージシャンにも譜面を読めない人は少なくないそうですし、譜面は読めるけど演奏が苦手となると本末転倒ですよね。
でも、“電話だと伝えづらいし文字で残せるからメールする”って思う状況ありませんか? […]

練習する Lesson.3『演奏記号・繰り返す』

アマゾンへ


演奏記号を全部覚えようとしたら大変な作業です。
なぜならとてもたくさんあるから。
でもクラシックならいざ知らず、現代ポピュラー音楽でよく使われるのはそんなに多くありません。
覚えてしまえば譜面(曲構成表)を書くのも、渡された譜面を読むのもかなり楽になりますよ。 […]

練習する Lesson.2『音楽って?』

アマゾンへ

何かを覚えようとするときや練習するときって、目的がハッキリしないとイライラしませんか?
イライラはしないとしても、目的を理解しているのとしていないのとでは成果に差が出ると思います。
ということで、まずは“音楽”について考えてみましょう。 […]

練習する Lesson.1『どこから手を付ける』

アマゾンへ


僕はBass弾きです。
でも誰かに師事したことはありません。
本やDVD、先輩方からいろいろ勉強しました。
誰かに師事する・学校に行くのと、独学するのとどちらがいいかはわかりません。
でも音楽学校卒業生のバンドを観て「上手いけどつまらない」という感想を持ったことは少なくありません。
同様に、独学ならではの壁にぶち当たっているような感想を持ってしまうバンドを観たことも。。。 […]